集客に成功すれば、営業が楽になる


集客に成功すると、
営業マンは楽になります。 

こうして考えてみると、「集客」に成功して車に興味のある人がショールームにたくさん来てくれれば、営業マンはずいぶん楽になります。

車を購入する可能性がまったくない人たちに片っ端から飛び込み営業して時間を無駄にすることもありません。また車に興味のない人に飛び込みセールスするより、ショールームに来た車に興味のある人にセールスする方が、精神的にはるかに楽なのです。

「電話営業」や「FAX-DM」も問題点は同じです。ショールームに「集客」できないので、お客さんを見つけるために電話帳片手に1件1件電話したり(電話営業)、すべての電話番号にFAXを送る(FAX-DM)わけなのです。先方が車に興味があるかどうか分かりませんから、効率も悪いですし、コストもかかります。

そして興味のない人にあたった場合は、電話口で怒鳴られたり、怒りのFAXが送り返されてくる訳です。

独立開業者むけワンポイントアドバイス

簡単に言えば、訪問営業も電話営業もダイレクトメールも、すべてお客さんがいないからやっている営業活動です。営業マンの目の前にお客さんがいるなら、何も好き好んでこんなことをやる必要はありません。

集客が得意な会社は、こうした営業スタイルをとっていません。それは、電話営業などしなくても、お客さんを営業マンの前に連れて来れるから。営業経験のない独立開業者にとっても事情は同じで、集客のスキルが身につけば、開業後の売り上げ確保はずいぶん楽になります。お客さんが目の前にたくさんいれば、少々セールスのテクニックが乏しくても、売れますから。

もし営業経験がないのであれば、開業前にネットを使った集客のノウハウ(リンク)をぜひ身につけておきましょう。

 

← 前のページ「ネットを使った起業時の営業」に戻る

▲このページのトップに戻る