開業資金にいくら必要?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

独立開業に際し、開業資金としてどのくらい必要なのか知りたい方が多いと思いますので、主な業種について必要な開業資金をまとめてみました。

開業資金の内訳


代表的な開業資金の内訳です。

開業資金としていくら必要かは開業する業種業態によってさまざまですが、代表的な開業資金の内訳を見てみましょう。

テナントの保証金・内装工事

一般的に店舗系のサービスの場合は、お店の広さに比例して、保証金や内装費がかかってきます。

従って開業資金を抑えたいのであれば、なるべく狭いスペースでスタートするのが得策。もし自宅を利用してサービス提供できるのであれば、費用をぐっと抑えることができます。

また近年は「居抜き物件」という、前のテナント利用者が使っていた内装のまま手を入れずに使うケースもあり、この場合も開業資金を抑えることができます。

設備費用

テナントの費用と別に、テナント内に設置する各種の什器の費用が必要になります。飲食店の場合なら冷蔵庫や調理コンロ、歯科医院であれば診療台や各種の治療器具、エステサロンなら施術台や痩身器具等が必要になります。

備品

もう少し小型の各種備品も必要です。看板やパソコン、電話やインターネット回線、チラシや販促物等、さまざまな備品を揃える費用が必要です。

仕入れ代

小売店舗の場合であれば、店舗オープン時に店頭に並べる商品の仕入れ代金が必要です。医院やクリニックなら、開業までに薬剤等の仕入れが必要ですし、FC系の場合は本部から一定の部材を仕入れることが強制されることも少なくありません。

 

開業時に準備すべきアイテムの1つ!
59,800円低価格で作れる 開業専用ホームページとは?

→「開業資金の内訳」の補足情報

業種別の開業資金

money_200.jpg

業種によって
必要な開業資金は異なります。

それでは続いて、代表的な業種別に、開業資金としてどれくらい必要かを見てみましょう。

下表の左側の最低金額は、自宅や居抜き物件を使ってコストをなるべく抑えた場合の目安の金額です。一方右側の最高金額は、ある程度の広さのテナントを借りて、内装や設備にもかなり投資した場合の目安の金額を表示しました。

業種 開業資金(最低〜最高金額)
カフェ・喫茶店 100万円〜1,500万円
医院・クリニック 1,000万円〜1億5千万円
歯科医院 2,000万円〜1億8千万円
美容室 500万円〜3,000万円
税理士・行政書士・社労士 40万円〜600万円
居酒屋 600万円〜2,500万円
サロン 800万円〜5,000万円
100万円〜1,000万円
介護 400万円〜1,000万円
お店 50万円〜500万円

→「業種別の開業資金」の補足情報

税理士・行政書士・社会保険労務士の開業資金


自宅で開業すれば、
初期投資はかなり抑えられます。 

税理士や行政書士、社会保険労務士の開業資金は、40万円〜600万円程度です。

特に設備投資が必要な業種ではありませんし、自宅で開業する人も多いので、初期投資それほどかかりません。業界への登録費用と、パソコンくらいあれば、それですぐに開業できます。

自宅ではなく、オフィスを別途借りた場合は、テナントの保証金が上乗せされますし、新たに机と倚子、来客用のソファーを購入すればその分の費用も上乗せされます。

開業前からホームページを作ってライバルにをつけよう

→「税理士・行政書士・社労士の開業資金」の補足情報

カフェ・喫茶店の開業資金

 

cafe_200.jpg

居抜き物件を使えば、
低コストで開業できます 

喫茶店カフェを開業しようとすると、100万円〜1,500万円程度の資金が必要です。

金額は、どれくらいの広さのお店にするかでかなり上下します。10坪程度の広さのカフェだと、300万円〜1,000万円程度と言われていますが、もちろんもっと広いお店にしたり、内装を凝ったりすればそれ以上かかります。逆に居抜き物件を使えば100万円程度で喫茶店をオープンすることも可能らしいので、ご興味ある方は地元の業者さんに相談してみて下さい。

→「カフェ・喫茶店の開業資金」の補足情報

医院・クリニックの開業資金

iryo_200.jpg

居抜き物件なら、医療設備代も
必要なくなる場合があります。 

クリニックや医院の開業資金は、1,000万円〜1億5千万円程度が一般的です。

都内で開業する場合は、物件の保証料や内装費用に相当の投資が必要になる訳ですが、地方の場合は建物と土地を一緒に購入するケースも多く、投資額が上積みされます。また各種医療設備の費用もばかになりません。最新医療設備を一式導入すると、この上限金額よりも遙かに多くの資金が必要となるかもしれません。

一方、居抜き物件を利用すると、医院の内装費が不要になることに加え、医療設備も前の医院の設備をそのまま使えるケースもあり、その場合は1,000万円以下の資金で開業することも不可能ではないそうです。

→「医院・クリニックの開業資金」の補足情報

歯科医院の開業資金

shika_200.jpg

物件の選び方により、
開業費用を抑えることは可能です。 

歯科医院の場合は、通常の病院に比べると医療設備にかかる費用が多いため、開業資金としては2,000万円〜1億8千万円程度です。

上記の医院・クリニックと考え方は同じで、医院の広さと、内装、そして医療設備への投資額が開業資金の総額を左右します。

また最近は居抜き物件を使った開業も一般的で、その場合は初期費用を相当抑えることができます。

→「歯科医院の開業資金」の補足情報

美容室の開業資金

biyo_200.jpg

内装や装飾にどれだけこだわるか
によって費用は上下します。 

美容室の開業資金は、500万円〜3,000万円くらいが相場です。

美容室の場合、どうしても内装店内の装飾に多額の費用がかかってしまいます。オシャレな内装に仕上げて、雰囲気に合った装飾を店内に施す必要がありますから、ここにどこまでこだわるかで費用が上下します。

もちろん店内の広さも開業資金を大きく左右します。保証金として賃貸料の10ヶ月分前後は必要ですから、広いお店を構えるとその分初期投資も跳ね上がってしまいます。

一方、美容室でも居抜き物件を使えば、内装費や装飾費用がそれほどかからないため、開業時に必要となる資金を大幅に抑えることができます。

 

開業資金をなるべく抑えたい方、必見! 
59,800円
低価格でHPが作れるサービスとは?

 

big-2.png

 

0016112.pngこの記事は参考になりましたか?
もしも参考になったと思ってくださったなら、下のボタンをクリックして共有いただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

これから開業される方、開業したばかりの方におすすめの無料ガイドブックです

こちらのガイドブックでは、経営者の体験談をもとに、開業の成功ポイントについてお話しします。これから開業される方、開業されたばかりの方はぜひ参考にしていただければと思います。
無料でダウンロードしていただけますので、ぜひ下記よりお申込みください。

kaigyou_banner_11.png

→「美容室の開業資金」の補足情報

▲このページのトップに戻る